ブランド

先日はじめてスタジオに入りコレクションの撮影に立ち合わせて頂きました。



ファッションの世界には憧れがあるけど、コネも知識もない素人のわたしが、現場に入れた理由はただひとつ。「作品を撮影に使って頂けたから」です。

今までは特別な想いを重ねられる様に、イメージから掴んでかたちにしていました。指先からうまれてくる作品がわたしの全てだったのですが、ファッションのスタジオ撮影となると話は別。ちーっさなピアスなんて見えないんす。あたりまえだけど世界観に合致した作品がなにより大切なんですね。
今まで自分はどんな小さな世界で作品をつくっていたのか、気がつきました。バチコーンと衝撃をプレゼントされた気分でした。
表現するためにつくる作品て、なかなかつくってこなかったかもしれない。新しい体験から、「もっと!もっと!」と自分の中が大騒ぎしてよろこんでいます。



想いを服に託して
モデルさんが身に纏い
さらに美しさが際立つ

その瞬間を 光で切り取る

モデルさんが出す雰囲気が
ブランドのイメージに繋がる

その1枚の写真に
携わる人々の熱

忘れられない
コレクションになりました。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

profile

     

archives

recent comment

selected entries

categories

      

links

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

search this site.

others

mobile

qrcode