ノイエギャラリー

はじめてのNYで様々な美術館を調べて行きたいと感じた1つにノイエギャラリーがありました。なぜなら、クリムトさんの作品が展示されているから。
黄金の魅力に溶けてみたかったのです。ずっとずっと見てみたかった彼の作品を目の前にしたらもう動けないっす。



こちらのギャラリー、とても洒落た建築をしていて、小さなデザイナー雑貨ブティックやウィーン式のカフェが入っていました。ビシッとバシッとしていて高貴な気分。入口ではスーツを着たメンズ達に囲まれてセキリティーチェックなどもありました。ドリンクとかマイボトルに入れているとその場で破棄しなきゃいけないから気をつけてね。(相棒は一口も飲んでいないのに、ボトルのお茶を全てバケツに流されていました、トホホ。)



すごく印象的だったのはブティックにクリムトのリップが販売していたこと。ゴールドのケースに明るめの赤いルージュ。展示されている作品の女性の唇のカラーに合わせたコラボ作品でとても魅力的でした。商品企画までグッときた。

わたしはNYに来てまだカフェとかに入っていなかったのでおねだりをして一呼吸することにした。クリムトとコラボしているザッハトルテが食べたい。その名も「クリムトルテ」。濃厚チョコレートがググッと、疲れた私たちを癒してくれたのでした。


ザッハトルテだけで数種類あるし、ドリンクもいろんなコーヒーがあって迷う。まだ英語だからわかりやすいけど、日本みたいに写真やイラストがあるわけじゃないからビジュアルがわからないものを頼むのはスリルあり。
「隣のひとのあれが美味しそう、あのコーヒーはなんだ!」そんなシーンもあったりして、楽しいひと時でした。



それにしてもわたしは未だクリムトさんに恋をしている。たくさんの原画をくるくる見て回り、またベンチに座るを繰り返した。


おまけの話。
帰り道、ギャラリーを出るときに相棒のかばんから不思議な杖が出てきた。まるで魔法のステッキ。「これって?」と目を丸くしている相棒の横顔に笑いが止まらなかった。
入口のセキリティーチェックのメンズたちが持っていた棒が何故か相棒のかばんから出てきた。
素敵なサプライズってことで★


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PRESS

群馬でおいしいもの・楽しいものをご紹介している つぶさんが2014年末の個展の様子をブログで紹介していただきました。
つぶのおいしいこと日記

美術出版社 様が監修する「クリエイターの履歴書」にmico*が紹介されました。
普段は見られないmico*の制作の現場や道具などが紹介されていますのでぜひご覧ください。

◇ mico* 紹介ページ ◇

美術手帖 x デザインの現場 HP
     

News

【販売情報】
2015/3/15 19:00-
新作コレクション"A BU"の販売をonline Shopで開始いたします。
今回のコレクションのテーマは"誕生"です。
当日の販売開始を楽しみにお待ちください。

【出展情報】
2015/5/31
今年も群馬 丸沼高原のペンション、Cou屋さんで開催される
「くうや市」に参加させていただきます。
去年個展作品や、新作コレクションをお持ちする予定です。

profile

     

archives

recent accessory

recent comment

selected entries

categories

      

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

search this site.

others

mobile

qrcode